肝臓の数値が悪い人は

肝臓の働きをサポート

薬

ついつい飲み過ぎることが多いという人は、健康診断で肝臓の数値が良くなかったという人が少なくないでしょう。肝臓はストレスとアルコールの影響を特に受けやすい臓器であり、そのままにしておくと脂肪肝などになってしまう恐れがあります。これを防ぐ働きがあるのがオルニチンです。しじみに含まれるオルニチンは、疲れて衰えた肝臓の働きをサポートする効果があります。肝臓はアルコールを分解する役割もあるので、オルニチンを摂取することでアルコールの分解を助けて脂肪肝のリスクを減らすことが出来ます。オルニチンの摂取はサプリが一番手軽な方法です。しじみに含まれるオルニチンは量が少ないので、1日の必要摂取量を得るにはサプリが一番効率的なのです。

中性脂肪を取り除く効果が

肝硬変や肝臓がんなどのリスクが高まる脂肪肝は、肝臓に必要以上に脂肪が蓄えられてしまっている状態のことです。そうならないように気をつけることが大事ですが、一度そうなってしまった場合に有効なのがタウリンのサプリです。タウリンには肝臓に溜まってしまった中性脂肪を外に排出させる力があります。それだけではなく、タウリンには壊れてしまった肝細胞の再生を助けると共に、壊れにくいようにと細胞膜を強化してくれる効果があります。他にも肝臓が本来の働きが出来るようにと酵素を作り出すサポートもしてくれます。タウリンはカキ多く含まれる栄養素ですが、もっとも手軽な摂取方法はサプリです。すでに脂肪肝だと診断されてしまったという人は、タウリンのサプリを毎日飲むようにすると良いでしょう。